So-net無料ブログ作成

<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)

 埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになった北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が22日、国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫もおり、市は今後観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせる。

 ビオトープは多様な生物が生息する空間。響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールで、国内最大級とされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍。

 市は80〜86年、産廃などを埋め立て、その後長年放置していた。ところがやがて凸凹の地形に湿地帯や淡水池、草原が自然に生まれた。市は2002年ごろ、変化に気付き、産業用地にする計画を見直し、ビオトープとして整備することにした。これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。

 この日は初のエコツアーを開催。長男武君(10)と参加した同市八幡西区の会社員、村口良さん(40)は「産廃処分場だった土地がこれだけの自然に生まれ変わって驚いた。人の手が入っていない自然が楽しめた」と話していた。

 正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園。入場無料。問い合わせは、市環境モデル都市推進室(093・582・2239)。【佐藤敬一】

【関連ニュース】
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森
県境産廃問題:産廃の6割撤去、12年度で完了へ /岩手
中津川の産廃施設建設:市の主張に疑問 再考求める要請書で知事 /岐阜

<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)
省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」(産経新聞)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
盗難6年、千葉市立中の表札を九十九里浜で発見(読売新聞)

<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)

 「天下りあっせんの全面禁止」に伴い11年度の一般職国家公務員の新規採用者数を半減する政府方針について、総務省が各省に通達した採用枠別の削減目標が10日、判明した。本省で企画立案に携わる国家公務員1種(キャリア官僚)と2種を2割減として本省の政策立案能力を維持する一方、民主党が大幅縮減を主張してきた地方機関を中心に8割削減することで「半減」を達成する構えだ。09年度の採用実績9112人を11年度は4600人程度とする。

 本省で高卒から受験できる3種が地方と同様8割減となる一方、地方でも国税専門官など専門性の高い職種は5割減にとどめる。

 この方針で本省採用は09年度の1732人が3割減の約1300人、地方採用は7380人が約3300人と半分以下に減る。キャリアは09年度の495人が400人弱になるが、省によっては専門色が強い2種の削減幅を増やし1種の採用数を維持する可能性もある。総務省は各省の回答を待ち、14日にも11年度の採用者数を確定する方針。【小山由宇】

お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏(時事通信)
店の倉庫に50センチの穴=カーナビ37台盗まれる−名古屋(時事通信)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕−警視庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。